大人ニキビを作らないための4つの対策法

大人ニキビは年齢に関係なくできます。できてしまうとなかなか治らず、ニキビ跡ができないか気になります。大人ニキビを作らないための対策法があります。大人ニキビは、ストレスが原因で口の周りやあごにできやすく、膿を持って大きくなります。大きくなるにつれて痛みを感じ、赤くなるので目立ちやすいニキビです。

 

洗顔で洗い流す

 

ニキビができる前は、あご周りの皮脂が増えてべたつきを感じます。ニキビができる前にこのべたつきを洗い流す必要が出てきます。
まず、顔全体を洗顔料を使って丁寧に洗い流します。軽く拭きとってからあごを触ってみると、べたつきを感じることがあります。この時が要注意で、べたつきのある部分だけもう一度洗顔料を使って洗い流します。それでも残ってしまうときは、ハンドソープやボディーソープを少量使い洗い流します。
ストレスが溜まっているときや仕事で忙しいときなどに起こりやすいです。

 

睡眠時間を確保する

 

睡眠は疲れを取り、ストレス解消にもなります。そして、寝ている間に肌のターンオーバーが行われるために、美肌作りに欠かせない時間になります。新しい肌細胞に生まれかわる時間なので、どんなに忙しくてもきちんと睡眠時間は確保したいものです。

 

腸内環境を整える

 

美肌と腸内環境は欠かせないものです。腸内では摂取した食べ物の消化や吸収が行われます。老廃物や毒素の排出を促し、栄養やビタミンが吸収しやすい環境が理想です。肌のターンオーバーが行われるときに必要なビタミンや栄養を摂り入れることができるように、腸内環境を整えていくことが大切です。

 

便秘気味な時は、野菜をたくさん食べたり、青汁を食事にプラスするなど工夫をします。食物繊維を増やして便を出やすくします。善玉菌を増やすために、ヨーグルトなど発酵食品も食べることも効果的です。

 

適度に運動する

 

運動はストレス発散になります。動いて汗を流すと、老廃物を排出でき血行も良くなっていきます。

 

生活を見直して、ニキビができにくい環境を作ることも重要です。健康的な生活を意識することで、ニキビができにくい体質に変わっていきます。