ダラシンtゲルの効果と口コミ、通販で失敗しないための常識

ダラシンtゲルの効果と口コミ、通販で失敗しないための常識をまとめています。

 

ダラシンtゲルの効果のメカニズム

 

ダラシンtゲルはニキビ用の塗り薬です。
メカニズムとしては、ニキビの原因になるアクネ菌や黄色ブドウ球菌のエサになるたんぱく質の合成を断つことで、アクネ菌や黄色ブドウ球菌をやっつけてニキビを治療するお薬です。

 

ダラシンtゲルはクリンダマイシンという物が主成分の抗生物質で、ゲル状のお薬ですが、ローション状の物もあります。
効果は同様ですが、ローションは乾燥しやすい為にゲル状の物の方が人気で、処方されることも多い傾向です。

 

このように、細菌を殺すことでニキビを防ぐ薬ですが、ダラシンtゲルに耐性のあるアクネ菌も存在しています。
そのようなアクネ菌にはダラシンtゲルの効果はありませんので、使用を続けて効果を感じない場合はお薬を変えてもらってください。
日本では耐性のあるアクネ菌はまだ少なく、1割程度だそうですが、海外だと50%を超える国もあるとのことです。

 

ダラシンtゲルに耐性の無いアクネ菌が原因のニキビに、4週間で58%の効果があった、という効果実績が報告されています。
また、殺菌が主な効果ですので、ニキビ跡には効果がありません。

 

 

ダラシンtゲル使用前に注意しておきたい副作用

 

医薬品には大小の差はありますが、おおよそ副作用が発生します。
ダラシンtゲルにも副作用はありますが、それほどきつくはありません。
副作用はある程度報告されており、対策も可能ですので、あらかじめ勉強しておいてはいかがでしょうか?

 

ディフェリンゲルは結構強い副作用が報告されていますが、ダラシンtゲルはそれほどでもありません。
副作用としては、主に乾燥したようなツッパリ感や、ひりひりするといった刺激感が報告されています。
他にもかゆみや赤くなる、と言った口コミも見受けられました。
一時的な物が多いですが、悪化し続けるようでしたらお医者さんに相談してみてください。
また、少ないですがかゆみ、赤くなる、蕁麻疹の発生、下痢のような報告もありますので、覚えておくとよいでしょう。

 

乾燥肌やひりひりするといった副作用の対策としては化粧水の使用がおススメです。

 

副作用ではありませんが、妊娠中、もしくは妊娠している可能性のある方は使用しない方が良いでしょう。
妊娠を希望している方、授乳中の方も使用を控えてください。
また、アトピー性体質の方も使用はしない方がいいとのことです。

 

 

ダラシンtゲルの効果をフルに発揮するための使い方

 

通常は1日に2度、洗顔後に塗布を行うように指示されています。
タイミングを考えると12時間毎になりますので、就寝前の入浴後に1度、起床時に1度、といった感じがいいでしょうか。

 

使用方法としてはまずクレンジング剤でメイクを落とし、洗顔剤で顔を洗います。
メイクしていない場合は、ぬるま湯で顔の汚れを落としてから洗顔剤で顔を洗うといいでしょう。
洗い終わったらぬるま湯で洗顔剤を丁寧にすすいで洗い流してください。
洗顔剤が残っていると効果が出ないことがあるばかりか、肌にも悪いので、しっかりすすいで鏡で確認しましょう。
とくに生え際等のフェイスラインは残りやすい部分ですので、よく確認してください。

 

保湿用化粧水等を使う場合は、洗顔後のこのタイミングです。
化粧水等を使用する際は、低刺激性の化粧水の使用をお勧めします。
ダラシンtゲル使用後は乾燥するという副作用も報告されていますので、化粧水等は使った方がいいでしょう。

 

そして化粧水塗布後に、ダラシンtゲルを使用して下さい。
塗布する部分は患部、つまりニキビができている部分のみにしましょう。
予防の意味で何も無い所に塗っても効果がないばかりか、肌の善玉菌を殺してしまうことになってしまいます。
善玉菌が無くなってしまうと肌のバランスが崩れて、赤くなったりかゆみが発生したりします。
それどころか、ダラシンtゲルに耐性を持つ菌が発生しかねません。

 

お化粧をする場合は、お化粧をした後にダラシンtゲルを塗布してください。

 

どんなお薬でもそうですが、用法用量を守って使用しましょう。
塗り忘れたからと言って2回分を一度に塗ったりしないでください。
多く塗ったからと言って効果が増すことは無く、むしろ肌の負担が増えてしまいます。
また、効果が無いからと言って勝手に自分の判断で使用を中止することもやめましょう。
もしかしたら次回塗布時に効果が表れるかもしれません。
途中でやめてしまうのはもったいないですよ。

 

また、基本的な生活習慣として、手でニキビに触るのは避けた方がいいでしょう。
ほっぺたにニキビができた場合は、頬杖はNGです。
ニキビだけでなく、顔自体に触れる回数を極力少なくしましょう。
無意識に顔を触ることもあると思いますが、刺激を増やさない為に爪を短くしておくのも有効な方法です。

 

髪の毛が顔や肌に触れるような髪型にするのも避けた方がいいでしょう。
おでこにニキビが出ている方は、治療中だけでも髪をアップにしてみてはいかがでしょうか。
積極的におでこを出していきましょう。

 

効果が期待できるまでは、短い人で1週間程度かかります。
最低1週間、なるべく1か月位使用してから判断しましょう。
1か月たって全く効果が無い場合はお医者さんに相談してみてください。
効果が無いのに長く使っていると、耐性を持つ菌の発生の原因になります。
他のお薬を出してもらった方がいいかもしれません。

 

 

ダラシンtゲル使用者の口コミまとめ

 

ダラシンtゲルは副作用が少ない為、比較的よく使用されています。
口コミとしては、白ニキビによく効く、というものが多いですね。

 

ディフェリンゲルと併用をすすめられた方も見られました。
ディフェリンゲルで治療し、ダラシンtゲルで殺菌を行いニキビの拡大を防ぐ、という用法を考えての併用でしょう。
抗生物質での治療は耐性を持つ菌が発生してしまうことがありますので、他のお薬との併用で耐性を持つ菌が発生する前に治療する、という考え方ですね。
この場合、短期で効いたが肌の乾燥がひどかった、という感想がありました。
ディフェリンゲルは副作用として乾燥しがちになりますので、併用する場合は乾燥に注意した方がいいですね。

 

治った方の口コミとしては、用法用量を守って2週間、最初あった赤みも消えてニキビも随分収まった。
CMで高価な物も紹介されていて試したが、こちらの方が効果があった、というものがありました。
CMで宣伝しているような物は高額になりがちです。
値段で判断して高価な物を購入するよりは、お医者さんに見てもらって処方してもらった薬の方が安価かつ効果が高くなるでしょう。

 

使用開始後3日程度で赤みが出てきたが、1週間程度でニキビが収まってきたという口コミがありました。
やはり使用する人によって効果の現れるタイミングが違っていますね。

 

ニキビが炎症を起こしていたが、そこには効いた。
しかしニキビ跡なんかには効かなかった、という口コミもありました。
ダラシンtゲルの主な効果は殺菌なので、ニキビ跡には別のお薬を使った方がいいでしょう。

 

残念ながら効果が無かった、という口コミも見られました。
ダラシンtゲルはブドウ球菌属とアクネ菌に効果がありますが、これらの菌には耐性を持つ菌もありますし、これ以外の菌にはあまり効果がありません。
また、体質や体調等も影響があるようで、以前は効果があったが何年振りかに使ったら効果が無かった、と言うこともあるのでしょう。

 

効果の有る無しは個人差がありますし、見極めが難しいので一度専門のお医者さんに行ってみてもらうことをお勧めします。
総合病院にある皮膚科は、他の部門の専門医が片手間にやっているお医者さんも多いと聞きます。
ニキビなんか適当に塗り薬を出しておけ、と言った考え方のお医者さんもいらっしゃるようですので、専門の皮膚科に行くことをお勧めします。
しかし皮膚科は眼科と並んで不勉強なお医者さんが多い分野だと言われています。
出てから随分たつのですが、ダラシンtゲルを知らない、というお医者さんもいますので、これはだめだな、と思ったら早目にセカンドオピニオンを探すのもいいかもしれません。

 

 

ダラシンtゲルは個人輸入のネット通販サイトでも気軽に購入できる

 

ダラシンtゲルは、個人で輸入することも可能ですし、特に違法ではありません。
お医者さんに行って処方してもらうこともできますが、ダラシンtゲルを個人で輸入して使用されている方も多くいらっしゃいますよ。

 

ただし認められているのは個人輸入だけですので、配送先は個人名で、住所も個人宅もしくは郵便局留めにしておいた方が安全です。
配送先が会社名だと個人輸入ではないと判断されることがあるようです。

 

金額についてですが、保険適用でお医者さんに処方してもらった場合と、個人で輸入した場合を比べても、ダラシンtゲルの金額はそれほど変わりはありません。
しかし、お医者さんにかかった場合は診察料や初診料がかかります。
ダラシンtゲルだけが欲しい場合は個人輸入の方が安価に入手できます。
お医者さんで保険が適用されない場合は全額負担となり、ぐっと高額になりますので、そういった場合は個人輸入した方が安く上がります。
保険非適用で購入する場合は診察料別で3160円かかったという報告がありました。
個人輸入の場合、おおむね1本2000円から3000円で、くすりエクスプレスと言うサイトでは10本まとめて購入すれば半額以下になっていました。

 

ED治療薬を始め、偽物の薬が出回っていることもありますが、ダラシンtゲルについては心配ないようです。
届かない、と言った事故や、郵送時に起きてしまった破損等の対応の方に懸念があります。
通販サイトを使用する場合、個人輸入の際は利用するサイトが信頼を置けるところであるか確認しましょう。
オオサカ堂というサイトや、くすりエクスプレスと言うサイトは口コミも多いので、利用者も多いと言えます。
ダラシンtゲルのジェネリック薬品をラインナップしているサイトも存在していますので、探してみるのもいいでしょう。